解決事例

両親が同年中に亡くなった事例

状況 被相続人 父 相続人 長男、次男 相続財産 ・土地→約700万円 ・家屋→約650万円 ・現金・預貯金→7,000万円 ・その他(生命保険課税分、年金一時金の受け取り分)→約850万円 地域 札幌市内 ご相談内容 仕事が忙しく、相続税申告・遺産分割協議書の作成・登記をすべて任せたい。 母の相続の際に発生した財産を今回の相続に含めるべきかどうかが分からない。 アド
続きを読む >>

相続財産が大きい場合の相続税の申告をした事例

状況 被相続人 男性 相続人 配偶者、長女、次女、長男 相続財産 ・土地→約3億円 ・家屋→約2,500万円  ・現金・預貯金→約6,000万円 ・その他→約90万円 地域 札幌市内 ご相談内容 相続税の申告を依頼したい。また、一部不動産を売却したい。 アドバイス 評価の高い土地をお持ちの場合、納税資金の確保や、相続する財産の確保のために、資金の流動化が必要です。
続きを読む >>

【譲渡申告】電話やメールでコミュニケーションをとりながら、複数の譲渡財産の申告を進められた事例

状況 被相続人 父 相続人 長男 譲渡財産 ・土地家屋(被相続人が居住していた)   土地:約500万円  家屋:約200万円 ・土地 → 約700万円 ・雑種地 → 約100万円 地域 札幌市内 ご相談内容 以前お父様が亡くなられた際に相続税申告を当社で担当し、その後譲渡申告の依頼を続けていただきました。 アドバイス 複数の譲渡財産がある場合にはお客様自身で進める
続きを読む >>

申告期限まで3か月間を切っていたが、2か月間でスピード申告できた事例

状況 被相続人 兄(配偶者なし) 相続人 妹 財産 ・土地/建物(マンション) ・有価証券(3,000万円) ・現預金(5,000万円) 地域 札幌市内 ご相談内容 ご相談者様のお兄様の相続申告でご相談にいらっしゃいました。ご兄妹で、両親はすでに他界、お兄様が亡くなられてご自身がすべて相続される状態でした。 一度自分で申告をやろうと資料をすべて準備されておりましたが、マン
続きを読む >>

被相続人が転勤族で北海道外に土地があっても、スピーディーに解決できた事例

状況 被相続人 父 相続人 長男、長女 財産 ・土地(本州エリア) ・有価証券(上場株式) ・現預金(1,000万円) 地域 帯広エリア ご相談内容 最初に行政書士にご相談されており、分割協議書は完成した状態で弊所にご相談いただきました。 ご長男は帯広エリア、ご長女は本州エリアに在住、ご多忙のため連絡がなかなか取れず手続きが進まない状態でした。 ご相談時点で申告期限まで
続きを読む >>

遠方に住む連絡のとれない兄弟の間を取り持ち、期限内に申告できたケース

状況 被相続人 父 相続人 息子2人 財産 ・不動産  ・自宅の土地建物  ・自宅周辺の土地(平地)  ・山林 ・預貯金(1,000万円) ・現金(300万円) ・預け金(名義預金・500万円) 地域 ニセコエリア ご相談内容  当初は自分たちで申告まで全てやろうと考えていたが、兄弟と連絡が取れず申告期限ギリギリになってしまっていました。  申告期限まで4か月半し
続きを読む >>

不動産評価を正確に行い、財産を均等に相続したケース

  状況 被相続人 母 相続人 息子(兄)、娘(妹) 財産  ・不動産:自宅、賃貸マンション3部屋、賃貸車庫、飲食店(戸建て)  ・現預金:約7,000万 ご相談内容  娘さん(相談者)は札幌在住(被相続人と同居していた)、息子さんは北海道外の在住でした。  兄妹で財産を半分に分けたい、どの不動産を誰が相続するかは決まっていたが評価がわからないので、現預金を
続きを読む >>

マンションの評価が複雑で自分で申告書の作成ができなかったケース

  状況 被相続人 妹 相続人 姉 財産  ・札幌市内自宅マンション  ・預金:8,000万円 ご相談内容  妹さんが突然亡くなられ、相続人ご自身で色々調べて、相続税がかかるので、ということでご相談にいらっしゃいました。 被相続人のご主人も数年前に亡くなられたので、財産が多かったとのことです。 最初は自分で申告しようと思ったが、マンションの評価ができなかったとのこ
続きを読む >>

仕事が忙しく相続手続き全てお任せしたいというケース

  状況 被相続人 母(旭川市) 相続人 長男(札幌市)、次男(旭川市) 財産  ・自宅不動産(路線価エリア)  ・近隣の土地(倍率エリア)※未利用  ・生命保険金(生命保険金の非課税にならない死亡特約還付金あり)  ・預貯金  ・現金 ご相談内容  相談者様(長男)が忙しく、北海道にいないことも多いので、札幌で相続に詳しく名義変更等も全てお願いできるところを探
続きを読む >>

相続財産になるか否かの判別が難しかったケース

  状況 被相続人 母 相続人 娘(2名)   財産  現預金5,000万  その他(介護保険料還付金、後期高齢者還付金など) ご相談内容  金融機関のご紹介でご相談にいらっしゃいました。  最初は自分で申告しようと思われたそうなのですが、  預金の動きの中で、ご自身では財産になる
続きを読む >>

<< 前の記事を見る
お気軽にお電話ください お気軽にご相談・お問合せください 0120-339-752 受付時間 9:00~18:00 面談夜間年中無休 無料相談の詳細はこちら

サポートメニュー ~残された家族が安心の相続を実現するために~

相続が発生した方のサポート

  • 相続税。どうしたらいいの? 相続税のご相談
  • 相続税の申告が必要かどうかわからない 相続税無料シミュレーション
  • 申告期限が近づいている方へ 最短2週間スピード申告
  • 相続って何から始めたらいいの? 相続発生後の手続き
  • 相続税の申告はどうしたらいいの? 相続税の申告方法
  • 相続税の納付はどうしたらいいの? 相続税の納付方法

相続の生前対策をお考えの方のサポート

  • 円満に相続してもらいたい 生前贈与・遺言のご相談
  • 少しでも税金を抑えたい 相続税の節税対策
  • 生前に財産を贈与したい 土地・建物の相続対策
  • 子供の納税負担を減らしたい 相続税の納税資金準備

不動産に関するサポート

  • 不動産を相続された方へ 不動産相続プラン
  • 土地をお持ちの方へ 評価に差が出る土地相続プラン
  • マイホームをお持ちの方へ 自宅評価額無料診断プラン
  • 農地をお持ちの方へ 農地相続プラン

その他のサポート

  • お勤めの方へ サラリーマン応援プラン
  • 公務員・元公務員の方へ 公務員の方向けプラン
  • 遺言でできない相続の悩み 民事信託プラン
  • 事業承継対策で納税負担を軽減 事業承継プラン